使用方法

<成人>
通常、成人には、レーザー照射予定部位又は注射針・静脈留置針穿刺予定部位に10cm2あたり本剤1gを、密封法(ODT)により60分間塗布する。なお、1回あたりの塗布量は10gまでとし、塗布時間は120分を超えないこと。
<小児>
通常、小児等には、レーザー照射予定部位又は注射針・静脈留置針穿刺予定部位に10cm2あたり本剤1gを、密封法(ODT)により60分間塗布する。なお、1回あたりの塗布量及び塗布時間は下表を超えないこと。
年齢(月齢) 体重 最大塗布量 最大塗布時間
0〜2ヶ月 - 1g 60分
3〜11ヶ月 5kg以下 1g 60分
5kg超 2g 60分
1〜14歳 5kg以下 1g 60分
5kg超10kg以下 2g 120分
10kg超 10g 120分
1

レーザー照射又は注射針・静脈留置針穿刺予定部位に本剤を10cm2あたり1gを目安に塗布する。

使用量の目安
2

ポリエチレンフィルム又はフィルムドレッシング材注)等で密封し、そのまま規定時間密封状態を保つ。
注)透明なフィルム等で、密封状態を保つもの。

3

ポリエチレンフィルム又はフィルムドレッシング材等を除去する。

4

皮膚に残存した本剤を清潔なガーゼ等で除去し、直ちにレーザー照射又は注射針・静脈留置針穿刺を行う。
なお、注射針・静脈留置針穿刺時の疼痛緩和に用いた場合には、本剤を皮膚から除去した後、穿刺部位を消毒すること。

用法・用量に関連する使用上の注意

  1. 本剤を60分間(最大120分間。ただし、0〜11ヶ月、又は1〜14歳で体重5kg以下の場合は最大60分間)ODTにより塗布後、本剤を除去し、直ちにレーザー照射又は注射針・静脈留置針穿刺を行う。
  2. 小児等における本剤の塗布量は、体重、患部の大きさを考慮し、必要最小限にとどめること。また、塗布時間を遵守すること(「小児等への投与」、「臨床成績」の項参照)。